自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介

Q.独立して事業を始めるための資金を借り入れるために、長年の友人に借金の連帯保証人になってもらい1000万円の借金をしましたが、事業が頓挫して借金の支払いが厳しくなりました。任意整理をしたいのですが、連帯保証人には絶対に迷惑をかけたくありません。なにか良い方法はありますか?

 

 

A.連帯保証人を付けて借金をした人が債務整理をすると、債権者は連帯保証人に対して代わりに借金を返済するよう要求します。そこで、この場合に連帯保証人に迷惑をかけずに任意整理をすることは難しいでしょう。

 

 

しかし、連帯保証人に迷惑をかけず、またはできる限り迷惑をかけずに任意整理をする方法としては、次のようなものが考えられます。

 

 

■連帯保証人の付いている借金を除いて他の債務を任意整理する

 

当然のことながら、連帯保証人の付いている借金について任意整理をせず、それ以外の借金についてのみ任意整理をすれば、連帯保証人に迷惑がかかることはありません。

しかし、連帯保証人が付いている借金は金額が大きいことが多いため、全ての借金の返済計画を考えると、このような金額の大きな借金についてだけ任意整理をしないということは難しいことが多いでしょう。

 

 

借主と連帯保証人が一緒に任意整理を行う

 

借主と連帯保証人が一緒に任意整理を行えば、連帯保証人が当初の契約どおりに返済するよう要求されることはなくなります。そして、借主が任意整理で債権者と合意したとおりにしっかり返済していけば、連帯保証人に返済をさせるという迷惑をかけることにはなりません。

ただ、保証人も含めて任意整理を行うと、保証人もブラックリストに載ってしまう(信用情報機関に事故情報が登録される)ことになってしまうので、その点は覚悟しなければなりません。

 

 

■事前に連帯保証人に任意整理を希望していることを相談や報告をする

 

任意整理をする前に、最低限、連帯保証人に相談や報告をするようにしましょう。

連帯保証人に相談せずに任意整理の手続を弁護士に依頼すると、弁護士から受任通知を受け取った債権者は、保証人に対して代わりに返済するよう要求します。そこで、保証人にとっては、予想もしていなかった要求が唐突に来ることになってしまいます。

相談をしたとしても、結局は連帯保証人に迷惑がかかることになってしまうのですが、連帯保証人に対する最低限の配慮として、事前に相談や報告をするべきでしょう。

 

 

 

弁護士は、保証人がいる場合など、依頼者の方の様々な状況に配慮して業務を行います。任意整理についてご不安なことがある場合は、一度経験豊富な弁護士に相談してみてください。

 

 


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.