自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 任意整理Q&A
  • 任意整理と特定調停には、どのような共通点と相違点があるのでしょうか?

任意整理と特定調停には、どのような共通点と相違点があるのでしょうか?


 
任意整理も特定調停も、債務者と貸金業者や信販会社等との間で債務総額や毎月の支払い額の減額、利息のカット等について、話し合いを行って合意による解決を図るという点は共通しています。

 また、どの業者を相手にするのかを自由に選べること、自己破産におけるような資格制限(特定の職業で働くことが一定期間できなくなること)が生じないことも共通しています。

 しかし、任意整理は裁判所の関与しない手続きですが、特定調停は裁判所の関与する手続きですので、以下のような相違点があります。

第1に、任意整理の場合は債務者が裁判所に出頭する必要はありませんが、特定調停では債務者が調停の期日に裁判所に出頭する必要があります。
 
第2に、特定調停は裁判所が関与するものなので、そこで債務者の支払義務が認められれば、調停調書が作成され、それは債務名義という強制執行の根拠になります。そのため、調停調書に記載された支払いを怠った場合には、債権者の側が特定調停で成立した内容に基づいて、例えば給与の差押え等、強制執行を行うことが可能になってしまいます。一方、任意整理による和解は債務名義ではありませんので、それに基づいて債権者からいきなり強制執行がされることはありません。

 以上のように、任意整理と特定調停には、共通点はありますが、大きな違いもあります。現在、弁護士に手続きを依頼する方の場合は、特定調停よりも任意整理を選択する方が非常に多くなっております。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.