自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 任意整理Q&A
  • 任意整理の交渉がまとまらない場合に債権者から提訴されてしまうことはあるのでしょうか?

Q.任意整理の交渉がまとまらない場合に債権者から提訴されてしまうことはあるのでしょうか?

 

A.任意整理の交渉がまとまらない場合に、債権者である貸金業者等から、提訴されてしまうというケースもあります

 

 任意整理は、貸金業者等の債権者と、交渉をして、支払うべき額や支払方法等について和解をするという債務整理の方法ですが、あくまで任意の手続きです。つまり、債権者がこれに応じる法的な義務はないのです。

 

 たしかに多くの貸金業者等は任意整理の交渉に応じますが、これは、債務の返済が困難な状況にある債務者から従前のままでは返済を受けられないことが多いからであって、法的な義務があるために任意整理に応じるというわけではないのです。

 

 このように債権者が任意整理に応じる法的義務はありませんので、任意整理には基本的に応じないという貸金業者等もあり、弁護士が任意整理に介入するとすぐに残った債務について一括で支払うように提訴してくる業者もあります。

 

 そして、任意整理の交渉にいったんは応じた貸金業者等が、交渉がまとまらずに訴訟を提起してくることもあります。

 

 以上のように、債権者が任意整理に応じるか、また任意整理の手続き中に提訴される恐れがあるかは、相手の業者の特徴等の具体的な事情によって異なってきますので、それぞれの方の場合に応じて方法を検討する必要があります。

 

 具体的なことについては、経験の豊富な弁護士にご相談されると良いでしょう。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.