自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 過払い金Q&A
  • 過払い金返還請求は、いつまでに行えば良いのでしょうか?

過払い金返還請求は、いつまでに行えば良いのでしょうか?


 過払い金返還請求は、相手との取引が終わった時から、10年以内に行う必要があります。
 
 過払い金返還請求権には時効があり、権利を行使できる時から10年で消滅してしまうのです。
 
 ここで、「権利を行使できる時」、つまり10年の期間を数える際の起算点がいつなのかが問題になりますが、これは過払い金返還請求については相手との取引が終わった時であるとされています。
 
 そして、取引が終わった時から請求時までに10年が経過していなければ、その取引が始まったのが10年よりも前であっても、生じた過払い金を請求できることになります。
 
 このように、相手の貸金業者等との取引が終わった時から10年以内に過払い金返還請求する必要があることになります。
 
 ただし、消滅時効に関係する争点として、取引の分断という問題があります。
 
 これは、同じ相手方との継続的な取引の中で、いったん完済により残高をゼロにしたことがある場合、完済の前後で別々の取引と評価されてしまう場合があるという問題です(この点について、具体的な場合にどのように評価されるかについては、過払い金返還請求に精通した弁護士にご相談ください)。
 
 仮に、前の取引と後の取引が別々の取引だと評価されると、前の取引については、その取引が終わったときから消滅時効が進んでしまいます。そのため、相手方との最後の取引から10年が経っていなくても、前の取引については消滅時効が完成しているという場合が出てくるのです。
 
 時効に関する問題は以上のとおりですが、最後の取引の日がいつなのか覚えていない場合も多いと思われますし、取引の分断が生じているかもしれません。
 
 そのような場合は、取引履歴を取り寄せて確認してみなければ、消滅時効にかかっているのかが分かりませんので、過払い金返還請求をご希望の方は、いずれにしてもお早めに手続きを進められるのに越したことはありません。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の弁護士法人山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.