自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介

Q.みなし弁済とはどういうことですか?

 

A.みなし弁済とは、かつて貸金業法に規定されていたものです。貸金業者が利息制限法の定める利率を超える利息を受領することは、原則として無効なのですが、一定の要件を満たした場合にそれを例外的に有効とするものです。

 

 過払い金返還請求手続きに関連して、みなし弁済という言葉が度々出てきます。このみなし弁済は、平成22年に施行された改正貸金業法の改正前に規定されていたものです。

 

 まず、過払い金返還請求がどのような場合に可能なのか説明いたします。

 

 利息制限法は、金銭の貸し借りがされる場合について、その年利の上限を定めており、その年利は元本の額に応じて、15パーセント、18パーセント又は20パーセントとされています。しかし、実際には多くの貸金業者や信販会社がこの上限利率を超える金利で、金銭の貸し付け等の取引を行っていました。

 

 そして、このような利息制限法の上限を超える利息を受け取ることは、原則として違法ですので、このような利息を支払うことで元本をゼロにしてもなお支払いをしていた場合には、過払い金返還請求が可能になるのです。

 

 しかし、利息制限法の上限を超えた金利を受領することを、一定の要件を満たした場合に例外的に有効と認めたのが、みなし弁済という制度です。過払い金返還請求を行う際、相手方の貸金業者等が、この主張を行ってくることがあります。

 

 しかし、みなし弁済の適用のためには、一定の事項を記載した書面を貸付時と返済時に交付したことや、利息を任意に支払ったことなど、かなり厳格な要件を充たす必要がありますし、裁判所もその要件を満たすのかを厳格に判断する傾向にあります。そのため、訴訟でみなし弁済が認められることはほとんどありません。

 

 現在は、貸金業法の改正により、みなし弁済の規定はなくなっていますので、改正後の法律が施行された平成22年6月18日以後に開始した取引についてはみなし弁済はないことになります。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の弁護士法人山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.