Q.家族に過払い金返還請求手続きをしていることを知られたくないのですが、家族に秘密で手続きを進めることは可能ですか?

 

A.消費者金融や信販会社から借り入れをしたことを家族に秘密にしているという方もおられると思いますが、過払い金返還請求をすると過去に借り入れをしていたことが全て家族に知られてしまうのではないか、ということが心配でなかなか手続きに踏み切れないという方もおられることかと思います。

 

この点、過払い金返還請求手続きをご自身で行った場合、相手方の貸金業者等から届く取引履歴などの書類や、仮に裁判になれば裁判所から届く書類など、手続きに必要になってくる書類は通常自宅に届きますので、同居のご家族に内緒にしておくことができない可能性が高いです。

 

しかし、弁護士が代理人となって過払い金返還請求手続きをすれば、相手方の貸金業者等や裁判所との連絡は、弁護士が行います。また、弁護士とご本人のやりとりが必要な際には、弁護士事務所名等が記載されていない封筒を用いて書類を送付したり、連絡は自宅ではなく携帯電話にする等、同居のご家族に極力知られないような方法をとるように配慮いたします。

 

また、裁判になった場合にも、通常はそのことをご家族に知られるということはありません。ただし、ごく一部の業者がご本人に直接過払い金を送金しようとしたり、控訴状をご本人の自宅に送ろうとすることが、稀にあります。

 

過払い金返還請求をすることをご家族に知られたくないという方は、ご相談の際、遠慮なくそのようにお伝え下さい。