群馬 弁護士による 債務整理・過払い金の無料相談

0120-696-000
山本総合法律事務所

2回目の自己破産をすることはできる?

A.できる場合と、できない場合があります。

過去に自己破産をした人は、免責不許可事由に該当し、原則として免責許可の決定が確定した日から7年以内は再度の免責が許可されません。
また、自己破産に至った原因など厳しく判断されますので、慎重な対応が必要です。
群馬県高崎市の弁護士が詳しく解説します。

目次

1.2回目の自己破産は条件によっては可能

1-1.1回目の免責から7年経っていること
1-2.やむを得ない事情があること

2.2回目の自己破産で注意すべきこと
3.2回目の自己破産ができない時はどうしたらいい?

3-1.裁量免責される可能性もある
3-2.自己破産以外の債務整理方法を検討する

4.まとめ

 

1.2回目の自己破産は条件によっては可能

一度自己破産をした人は、免責不許可事由に該当するので、原則としてもう一度免責許可(借金を帳消しにすること)を得ることはできません。

ですが、次の2点に当てはまれば2回目の免責許可決定を得られる可能性はあります。

 

1-1.1回目の免責から7年経っていること

1回目の免責許可決定が確定した日から7年以内に、再度自己破産の申立をしても、「免責不許可事由」(免責を許可することはできない理由)に該当するので自己破産できる可能性はきわめて低いです。

ですので、7年を過ぎてから申立を行えば、自己破産できる可能性が高くなります。

 

1-2.やむを得ない事情があること

1回目の自己破産から7年が過ぎているとしても、2回目の自己破産の場合には裁判所の心証も悪くなるため、1回目よりもより厳しい判断をされるといえます。

ですが、病気で働けなくなり医療費などとして借りた金銭が返せなくなってしまった場合など、やむを得ない事情があれば免責を得られる可能性はあります。次で詳しく解説します。

 

2.2回目の自己破産で注意すべきこと

そもそも、一度自己破産をして免責を得た場合、基本的に借金がなくなりますから、何度も破産を行い免責がされることになれば、安易に借金を繰り返し、「返せなくなったら自己破産をすればいい」と考えてしまう債務者が出てくる可能性もあります。

そのため、2回目の自己破産については、1回目の自己破産の場合よりも免責を得るための条件が厳しくなっており、裁判所も厳しい目で免責許可の是非を判断することになります。

たとえば、キャッシングを繰り返して返済不能となって自己破産した人が、その後もキャッシングをしてふたたび借金が膨らみ返済不能になった場合、裁判所が、以前破産したことから何も学んでいないと判断して免責許可の決定が下りないこともあります。

したがって、2度目も自己破産し、免責許可を得ることができると安易に考えるべきではありません。

 

3.2回目の自己破産ができない時はどうしたらいい?

このように、2度目の自己破産の申立にあたっては、1回目の時よりも条件が厳しくなります。では、免責不許可事由に該当する等の理由でもう一度自己破産ができない場合、どうしたら良いでしょうか?

 

3-1.裁量免責される可能性もある

以前の免責許可の決定があった日から7年を経過しておらず、免責不許可事由に該当する場合でも、裁判所が、例外的に、裁量によって免責を許可する場合があります(裁量免責)。

この裁量免責とは、破産申立をするに至った事情や破産者に経済的更正の意欲があること等、様々な事情を考慮して、裁判所が裁量(自分の考えで問題を判断すること)によって免責を許可する制度のことをいいます。

ただし、裁量免責が認められる可能性は状況によって左右されますから、全ての方が裁量免責を受けられるわけではありません。

 

3-2.自己破産以外の債務整理方法を検討する

一度自己破産をしていたとしても、任意整理や個人再生であれば利用できます。

ただし、個人再生のなかでも「給与所得者等再生」は自己破産から7年経過していないと利用できませんので、注意が必要です。

任意整理であれば、全ての方が条件等に関係無く利用できます。

 

 

4.まとめ

以上で述べた様に、2回目の自己破産は条件が厳しい傾向にありますが、任意整理や個人再生であれば利用できます。

一度自己破産をしているけれど、現在の借り入れを返せる見込みがない」とお悩みの方でも、借金を減額できる可能性があります。

まずは一度、借金問題に強い弁護士に相談されることをおすすめします。

 

関連リンク:

自己破産

【Q&A】ギャンブルが理由で借金をした場合でも自己破産できる?

【Q&A】自己破産をしても免責許可が得られない場合がある?

債務整理・借金問題のよくあるご相談内容

  • 払いすぎた利息を取り戻したい
  • 借金をなくして人生を人生をやり直したい
  • 無理のない計画で借金を返済したい
  • 住宅を残しながら借金を減らしたい
  • 弁護士と司法書士の違いを知りたい
  • 家族に知られずに手続きを進めたい

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の
無料相談。まずはお問い合わせください。

  • 0120-783-9810120-783-981
    《受付》平日 9:00~20:00(土曜応相談)
  • 相談料・
    着手金0

弁護士法人山本総合法律事務所(群馬・高崎)

メールでのお問い合わせはコチラメールでのお問い合わせはコチラ

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の
無料相談。まずはお問い合わせください。

     
  • 0120-783-9810120-783-981
    《受付》平日・土日祝 9:00~20:00
  • 相談料・
    着手金0

弁護士法人山本総合法律事務所(群馬・高崎)

メールでのお問い合わせはコチラメールでのお問い合わせはコチラ
page top
地図
 
■ 借金問題・過払い金のご相談対応エリア
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1-2-2 YKビル1階
弁護士法人 山本総合法律事務所
Tel.0120-783-981
 
●JR高崎駅より
  タクシー 約10分
  バス 約15分
  ・関越交通渋川行き 小鳥停留所下車 徒歩約3分
  ・群馬バス箕郷行き 続橋停留所下車 徒歩約1分
  ・ぐるりん 第一病院前下車 徒歩約2分
●JR信越線 北高崎駅より 徒歩約15分
●JR上越線・両毛線 高崎問屋町駅より 徒歩約20分
●関越自動車道 前橋ICより 車約7分
  • 山本総合法律事務所
  • 自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ
Copyright (c) 2018 山本総合法律事務所 All rights reserved.