群馬 弁護士による 債務整理・過払い金の無料相談

0120-696-000
山本総合法律事務所

過払い金に利息を付けて請求できる? 

     
  • 無料!過払い金計算サービス
  •  
  • 借金問題に関するQ&A
  •  
  • 法律相談のご予約
Access Map
■ 過払い金返還のご相談対応エリア
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
Access Map
〒370-0073
群馬県高崎市緑町1-2-2 YKビル1階
●JR高崎駅より
 タクシー 約10分
 バス 約15分
 関越交通渋川行き 小鳥停留所下車 徒歩約3分
 群馬バス箕郷息 続橋停留所下車 徒歩約1分
 ぐるりん 第一病院前下車 徒歩約2分
●JR信越線 北高崎駅より 徒歩約15分
●JR上越線・両毛線 高崎問屋町駅より 徒歩約20分
●関越自動車道 前橋ICより 車約7分
関連リンク
  • 弁護士法人 山本総合法律事務所
  • 交通事故相談専門サイト
  • 債務整理・自己破産専門サイト
  • 離婚問題専門サイト
  • 過払い金返還専門サイト

A:過払い金には、利息をつけて請求することができます。

過払いであることを知りながら返済を受けていた貸金業者に対しては、過払い金に利息を付けて請求することができます。
これは、民法704条により、法律上の原因がないことを分かっていながら利益を得ていた者は、その利益に利息を付けて返還しなければならないからです。

その際の利率は、民法により、1年で5%と決まっています。

この点、5%の利息というと低いように感じるかもしれませんが、例えば、100万円の過払い金に対して1年間で約5万円の利息が発生することになります。また、取引年数が長いケースでは、利息だけでかなりの額になることもあります。

このように、貸金業者が悪意だった、つまり過払い金が出ていることを知っていたと言える場合に利息の請求ができるわけですが、多くの事例で裁判所は「貸金業者が過払いであることを知っていた」(悪意の受益者である)と判断しています。

しかし、それでも貸金業者は、悪意の受益者ではないという主張をよく行ってきます。最高裁判所はこのような主張に対して、貸金業者が利息制限法の制限を超える利率で貸付をしていた場合には、貸金業者が基本的には悪意の受益者であると判断しているのです。

つまり、貸金業者の主張が認められることは少ないため、多くの例では利息の請求が認められています。

もっとも、事案によっては「貸金業者が過払い金と知っていた」と認められず利息の請求が認められない場合もありますので、注意が必要です。

債務整理・借金問題のよくあるご相談内容

  • 払いすぎた利息を取り戻したい
  • 借金をなくして人生を人生をやり直したい
  • 無理のない計画で借金を返済したい
  • 住宅を残しながら借金を減らしたい
  • 弁護士と司法書士の違いを知りたい
  • 家族に知られずに手続きを進めたい

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の
無料相談。まずはお問い合わせください。

  • 0120-783-9810120-783-981
    《受付》平日 9:00~20:00(土日応相談)
  • 相談料・
    着手金0

弁護士法人山本総合法律事務所(群馬・高崎)

メールでのお問い合わせはコチラメールでのお問い合わせはコチラ

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の
無料相談。まずはお問い合わせください。

  • 0120-783-9810120-783-981
    《受付》平日 9:00~20:00(土日応相談)
  • 相談料・
    着手金0

弁護士法人山本総合法律事務所(群馬・高崎)

メールでのお問い合わせはコチラメールでのお問い合わせはコチラ
page top
地図
■ 過払い金返還のご相談対応エリア
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1-2-2 YKビル1階
弁護士法人 山本総合法律事務所
Tel.0120-783-981
●JR高崎駅より
 タクシー 約10分
 バス 約15分
 関越交通渋川行き 小鳥停留所下車 徒歩約3分 群馬バス箕郷息 続橋停留所下車 徒歩約1分
 ぐるりん 第一病院前下車 徒歩約2分
●JR信越線 北高崎駅より 徒歩約15分
●JR上越線・両毛線 高崎問屋町駅より 徒歩約20分
●関越自動車道 前橋ICより 車約7分
  • 山本総合法律事務所
  • 自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ
Copyright (c) 2018 山本総合法律事務所 All rights reserved.