自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 個人再生Q&A
  • 個人再生後に、再生計画に基づいた返済ができなくなった場合、再生計画の変更の要件を教えてください。

個人再生後に、再生計画に基づいた返済ができなくなった場合、再生計画の変更の要件を教えてください。

 

 

A

 再生計画の変更の要件は以下の通りです。

 民事再生法2341項(・民再244)によれば、再生計画認可の決定があった後、①やむを得ない事由で再生計画を遂行することが著しく困難となったときに、再生債務者の申立てにより、②再生計画で定められた債務の最終期限から2年以内の範囲で、債務の期限を延長することができます。

 

 

 1 ①やむを得ない事由で再生計画を遂行することが著しく困難となったとき

 

   民事再生法2341項が規定する「再生計画を遂行することが著しく困難となったとき」という文言は、法人等を対象とした民事再生手続の再生計画変更に関する1871項にはない厳しい要件です。

   このように、法人等を対象とした民事再生手続と比べて厳しい要件が加えられた理由は、個人再生手続においては、債務者は、生活を切り詰めて、弁済を行うことになるので、計画の遂行には多少の困難が伴うことはもともと予定されているからです。

この要件を満たすためには、例えば再生計画を作成した当初想定していた収入が落ち込んだ場合、具体的には再生計画を作成した時以降に給与の引き下げが行われた場合や、失業後の再就職先での収入が、失業前よりも下がった場合等が考えられます。また、収入はこれまでどおりでも、再生債務者本人や家族の病気等によって予想外に支出が増大した場合なども含まれると考えられます。

 

 

 2 ②債務者の最終期限から2年以内の範囲で、債務の期限を延長

 

   個人再生手続においては、再生手続の終了後に再生計画の変更を認める一方で、弁済額の減額変更は認めず、弁済期間を2年を限度として延長することに限り認めることとしています。

   個人再生手続の対象となる事件は、再生債権の総額が5000万円以下であり、個々の債権者の債権は、法人等を対象とした民事再生手続の場合と比較すれば少額といえます。その債権が、再生計画によって権利変更され、さらに少額になった上に、原則3年間(例外的に5年間)の弁済期間が認められているのですから(民再22922号)、これを更に大幅に延長することは相当ではないと考えられます。そこで、原則的な弁済期間である3年を下回る、2年を限度として延長を認めることにしたものです。

 

 

 3 実務の利用状況

 

   実務では、再生計画の変更申立てが行われることは少なく、その利用状況は活発とはいえないようです。上記1,2で説明したような制限があることから、再生計画の変更が妥当な案件が少ないためであると思われます。

 

 

  より詳しいことにつきましては、個人再生の実務に精通した弁護士にご相談ください。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.