自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 個人再生Q&A
  • 住宅ローンの返済中なのですが、個人再生をしても住宅を手放さなくていいのでしょうか?

住宅ローンの返済中なのですが、個人再生をしても住宅を手放さなくていいのでしょうか?



 個人再生の手続をする場合、基本的に住宅ローンを返済している自宅を手放さないようにすることが可能です。
 
 
 個人再生の大きなメリットの一つとして、住宅ローンを支払中の自宅を、手放さないようにすることが可能です。
 
 
 これは、住宅資金特別条項という制度で、住宅ローンだけは支払いを続けることにより、抵当権が実行されて自宅を失うことを防ぐというものです。
 
 
 
 これによって、個人再生においては、自己破産と違って、住宅ローン返済中の自宅を維持することが可能になるのです。
 
 
 しかし、どんなケースでも個人再生によって、自宅を守れるとは限りません。
 
 
 例えば、自宅(居宅および土地)の現在の価値が住宅ローンの残額を大きく超えるオーバーローンの状態では、この制度が機能しますが、オーバーローンではない場合には個人再生手続を有効に活用できない場合があるのです。
 
 
 個人再生においては、返済すべき総額についていくつかのルールがありますが、少なくとも、債務者の財産のうち手元に残すことができる一部を除いた分を支払わなければならないのです。そして、オーバーローンでない自宅にはプラスの財産的価値があるとみなされますので、債務者がその分だけ大きな財産を有していることになり、返済すべき総額が増加することになってしまうのです。そうなると大幅に支払額を減らすことができなくなってしまう可能性があり、場合によっては住宅資金特別条項の利用が難しいケースもあります。
 
 
 また、自宅に住宅ローン以外の担保権が設定されていないことや建物の2分の1以上が居住用になっていることなども必須条件になります。
 
 
 なお、個人再生は債務整理の中でも複雑な手続になりますので、詳しくは個人再生に精通した弁護士にご相談ください。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.