自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 個人再生Q&A
  • 個人再生手続きにおけるハードシップ免責とは、どのようなものですか?

Q.個人再生手続きにおけるハードシップ免責とは、どのようなものですか?

 
A. 個人再生手続きにおけるハードシップ免責とは、個人再生手続きを利用して再生計画に従って返済を行っている途中、やむを得ない理由で支払いができなくなった場合に、一定の厳格な要件を満たしていれば残っている債務について免責を受けられるという制度です。
 
 個人再生手続きとは、裁判所を通して、債務を大幅に圧縮した上で、圧縮後の債務を原則として3年(例外として5年)で返済していくという債務整理の手続きです。しかし、再生計画に基づく支払いができなくなった場合は、再生計画が取り消しとなり、個人再生手続きによって圧縮されていた債権は元の金額に戻ってしまい、その金額を支払わなければならない可能性があります。その場合、債務者は、債務の支払い義務を免れるためには、自己破産の申し立てをして免責決定を受けるしかありません。
 
 しかし、それでは債務者に生じる不利益が大きいことから、一定の厳格な要件を満たした場合に限っては、債務者が負っている残りの債務の支払い義務を免除するという制度がハードシップ免責なのです。
 
 その要件とは次のとおりです。

 

・支払をできなくなった理由が、ただ家計が厳しい等の理由でなく、重い病気等により長期間の入院や加療が必要になった場合や、失業し、就職できるように最大限の努力はしたが再就職ができない場合など、やむを得ない理由であること。

 

・再生計画で決められている残りの債務のうち、4分の3以上を返済していること。

 

・ハードシップ免責を受けることによって債権者の一般の利益に反してないこと。

 

・再生計画の延長などの再生計画の変更をしたとしても、返済していくことが極めて困難であること。
 
 このように、要件は厳格であり、再生計画の変更では対処できない場合に初めて利用可能な制度です。そのため、実務上利用される件数は多くはないようですが、詳細については弁護士にご相談下さい。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.