自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 個人再生Q&A
  • 再生計画が認可決定後に、再生計画の履行が難しくなってしまったら、どうなりますか?

Q.認可決定後、再生計画の履行が難しくなってしまったら、どうなりますか?

 

A. 延滞の理由がやむを得ないものであれば、返済期限の延長をすることが認められる場合があります。

 

 また、再生計画の4分の3以上の返済を終えていれば、残りの返済が免責される場合があります。

 

 

 まず、再生計画に従った支払ができなくなり、支払が滞ってしまった場合は、債権者の申立てによって、再生計画が取り消されることがあります。再生計画が取り消されれば再生計画によって減額されていた債権は元の状態に戻ってしまいますので、個人再生の認可決定が出ていても、それが無意味になってしまう恐れがあります。

 

 しかし、再生計画に従った返済ができない事情について、病気やリストラなどによる収入の減少などやむを得ない理由がある場合、債務者としては主に次の2つの方法を検討することになります。

 

 まず、現状の再生計画では返済を続けることができないという場合に、再生計画の変更を申し立てることです。この申立てによって返済期限を最終返済予定日から2年を超えない範囲で、返済期限を延長してもらえる場合があります。

 

 次に、期限を延長しても返済すること自体が難しいという場合に、債務の免責を申し立てるというものです。これをハードシップ免責といいますが、再生計画による返済が4分の3以上終わっていることなど、いくつかの要件を満たす必要があります。

 

 なお、かなり専門的な知識が必要になる制度ですので、詳細については、弁護士にご相談ください。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.