自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介

同時廃止について教えてください。

 

A 

1 同時廃止とは、破産手続開始の決定と同時に破産手続廃止の決定をする場合をいいます。

 

  本来、破産手続においては、債務者の財産を公平に清算することを目的とすることから、破産管財人が選任されるのが原則ですが、破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは、破産手続開始の決定と同時に、破産手続廃止の決定をしなければならないものとされています(破産法2161項)。この場合、破産管財人は選任されません

 

 

2 メリット

 

 (1) 費用が安いこと

 

   破産の手続費用としては、公告費用等も含まれますが、破産管財人の報酬が中心となります。もっとも、同時廃止の場合には破産管財人が選任されないため、破産手続費用の負担が軽くなっています。

 

 

 (2) 手続に要する期間が短いこと

 

   破産管財人が選任される場合に比して、破産手続に要する期間は短くなる傾向にあります。

 

 

3 デメリット

 

  免責不許可事由がある場合にデメリットが考えられます。

  免責の理念には、誠実な破産者に対する特典と破産者の経済的更正の手段の二つが混在しているといわれています。そのため、免責不許可事由がある場合においても、裁量免責の可能性は残されています。誠実な破産者と評価されるためには、破産者自身が破産手続を通じて、破産債権者の利益実現に誠実に協力する必要があります

  しかし、同時廃止は、破産手続開始決定と同時に破産手続が終了してしまうので、裁量免責に有利な事情を得る可能性を失いますし、破産管財人から債権者に免責に有利な事情を報告してもらう機会を失うことにもなります。

 

 

 

 より詳しいことにつきましては、自己破産に精通した弁護士にご相談ください。

 


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.