自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介

同時廃止とはどういう手続なのですか?

 

A 同時廃止(同時破産手続廃止)とは、破産財団(破産管財人によって管理処分されるべき財産のこと)をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると裁判所が認めたときに、破産手続開始と同時に破産手続を廃止することをいいます(破産法2161項)。


  したがって、同時廃止になるか否かは、破産財団と破産手続費用の両面から決定されることになります。

  簡単に言えば、同時廃止とは、これといった財産がなく、破産手続費用を支払うことができないと認められた場合の自己破産手続のことをいいます。

 

  同時廃止の効果としては、破産手続開始と同時に破産手続が終了するため、資産の調査や換価等の実質的な破産手続は実施されません。つまり、同時廃止では、破産手続開始決定と同時に破産手続が終了することになり、破産手続は一切行われないことになるのです。

しかし、破産手続開始決定の効果は発生するため、各種の資格制限は生じます。

裁判所は、破産手続開始決定をしたときは直ちに破産手続開始決定の主文、破産手続廃止決定の主文及び理由の要旨を公告し、かつ、破産者に通知しなければなりません(同法2163項)。

 

  上記の同時廃止による破産手続開始決定を受けただけでは、債務の支払い責任はなくなりません。

  債務の支払い責任をなくすためには、裁判所から免責決定を受け、その決定に誰からも不服が出ない(確定する)ことが必要です。

  しかし、債務の原因がギャンブルや遊びによってできたものや、返すあてもないのに偽って借りたものであるなど、場合によっては免責が許可されないこともあります。

 

 

より詳しいことにつきましては、一度、自己破産の実務に精通した弁護士にご相談ください。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.