自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 自己破産Q&A
  • 自己破産の手続きをすると私が持っている自動車はどうなるのでしょうか?

Q.自己破産の手続きをすると私が持っている自動車はどうなるのでしょうか?

 

A .自己破産の手続きをする場合、申立人が使用している自動車は、ローンが残っている場合には引き上げられる可能性が高いです。また、ローンが残っていなくても、自動車の価値によっては処分されることがあります。

 

 

 まず、ローンが残っている場合、通常はローン会社に引き上げられることになります。

 

 自動車をローンで購入するケースがよくありますが、その場合、ローン会社やディーラーに自動車の所有権を留めておく、所有権留保という扱いが通常されています。そして、ローンが残っている状態で、自己破産の手続きを始めてローンの支払いが止まると、所有権留保の合意に基づいて、自動車の所有権を有しているローン会社やディーラー等が、その自動車を引き上げることになります。

 

 ただし、自動車の現在の価値が低いために引き上げられないというケースが、まれにあります。

 

 また、ローンが残っていない場合であっても、一定以上の財産的価値がある自動車については、自己破産の手続きの中で債権者に債務の返済を行うために処分される場合があります。

 

 自己破産とは、申立人に一定以上の財産がある場合には、その財産を処分して債権者への支払いに充てて、それでもなお残った債務については、基本的に免除されるという債務整理の手続きです。

 

 つまり、一定以上の価値がある財産は、処分されて債権者への配当に充てられることになります。そのため、一定以上の価値がある自動車は、処分されることになります。なお、自動車の価値は、車種、年式、修理歴等によって異なりますし、裁判所によって、自動車の現在の価値の評価方法や、処分の基準となる時価額に相違が生じることもあります。

 

 以上のように、自動車のローンが残っている場合と、自動車に一定以上の価値がある場合には、自動車を手放すことになります。
現在使用している自動車を今後も使用しなければならないという方は、債務整理の手続きを始める前に、予め弁護士にそのことを伝えてよく方針を検討されるのがよろしいでしょう。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.