自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 自己破産Q&A
  • 自己破産を申し立てると、給料は差し押さえられてしまいますか?

Q.自己破産を申し立てると、給料は差し押さえられてしまいますか?

 

A .自己破産の申し立てを行っても、給料が差し押さえられることはありません。

 

 

 自己破産の手続きを行うと、債権者への支払いが止まることになるために給料が差し押さえられるのではないかと気にされている方もおられるかと思います。

 

 給料などの債権の差押えとは、判決等の債務名義という文書を有する債権者が債務者の有する債権から自分の債権を回収するために裁判所に申し立てて行う手続きですが、給料の差押えがされると、給料の一部を受け取ることができなくなりますし、職場を差押えの手続きに巻き込んでしまうことになります。

 

 つまり、差押えを行う場合に裁判所は職場に差押え命令を送ることになり、それ以降、職場は給料のうち差し押さえられた部分を債務者本人ではなく債権者に支払わなければならなくなります。

 

 

 この点、自己破産の手続きが開始した時から、債権者による差押え等の強制執行はできなくなります。したがって、自己破産を申し立てることによって給料が差し押さえられてしまうということはありません。

 

 また、自己破産の申し立てを行うよりも前に、既に債権者から給料の差押えを受けているという場合もあります。このような場合、自己破産の申し立てを行って開始決定が出れば、それ以降差押えができなくなり、差押えの停止を申し立てることが可能になります。

 

 このように、自己破産の手続きを申し立てることで給料が差し押さえられることはありません。むしろ、上述したような、給料の差押えによる不利益を防ぐためにも、自己破産の手続きを早く進めなければならないケースもあります。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.