自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 自己破産Q&A
  • 自己破産を申し立てた場合、処分されない財産とはどのようなものなのでしょうか?

Q.自己破産を申し立てた場合、処分されない財産とはどのようなものなのでしょうか?

 

A. 自己破産を申し立てても、破産開始決定以後に取得した財産、生活に最低限必要と考えられる財産等の自由財産は、処分されずに申立人の手元に残されます

 

 

 自己破産は、原則として申立人が有している財産から債権者に対して配当を行って債務の弁済に充てて、なお残った債務については基本的に免除を受けるという債務整理の手続きです。

 

 この点、自己破産の手続きを行うと、持っている財産が全て処分されてしまって手元には何も残らない、というようなイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。

 

 しかし、実際には、自己破産の手続きにおいて、一定の範囲の財産は処分されずに申立人の手元に残されます。このような処分の対象にならない財産を自由財産といいますが、自由財産には以下のようなものが含まれます。

 

 まず、破産開始決定がされた以後に申立人が取得した財産は、処分の対象になりません。例えば、破産開始決定よりも後に申立人は職場から支払いを受けた給料などがこれに当たります。

 

 次に、申立人の生活のために必要と考えられる範囲の財産も、処分の対象になりません。

 

 具体的には、一定額までの現金や預貯金は、処分の対象になりません。

 

 また、民事執行の手続きにおいて差押えが禁止されている差押え禁止財産も、自己破産の手続きにおいても、処分の対象にならずに申立人の手元に残されます。

 

 以上のように、自己破産を申し立てても、財産の処分によって生活が脅かされるようなことはありません。詳細については弁護士にご相談下さい。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.