自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介

任意整理をすると信用情報に影響がありますか?


A.利息制限法所定の上限利率に従って引き直し計算をした結果、債務が残っているという場合には、事故情報として個人信用情報機関に登録されることになりますが、引き直し計算の結果、債務を完済していることが判明した場合には、基本的に信用情報に影響が及ぶことはありません。


 任意整理とは、債務者と債権者が裁判所を通さずに直接話合いをしながら返済方法や返済額の見直しを行って和解し、和解内容に従って返済を行っていくという債務整理の方法です。

 

 そして、債権者と交渉する際には、利息制限法所定の上限利率を超えた約定利率の借入期間がある場合には、当該約定利率の期間について利息制限法所定の上限利率にしたがって引き直し計算をします。

 

 それゆえ、利息制限法所定の上限利率を超えた約定利率での借り入れの期間がある場合、任意整理をすると債務額が減少することになります。


 この点、利息制限法所定の上限利率にしたがって引き直し計算をした結果、債務額が減少し、実際には完済していたという場合には、事故情報として個人信用情報機関に登録されることはありません。なぜなら、上記の場合、借り主は、法律上、問題なく返済し、完済していたと評価できるからです。


 一方で、利息制限法所定の上限利率にしたがって引き直し計算をした結果、債務が残っているという場合には、事故情報として個人信用情報機関に登録されます。

 

 それゆえ、利息制限法所定の上限利率にしたがって引き直し計算をし、債務が残っているという場合には、事故情報として個人信用情報機関に登録されることになるため、新たな借入れをすることは難しくなります。


 しかし、任意整理をして以降、この先ずっと事故情報として個人信用情報機関に登録されるというわけではありません。事故情報として信用情報機関に登録される期間は、5年程度とされています。

 

 それゆえ、債務を完済して5年程度経過し、事故情報としての登録がなくなった場合には、新たな借入れをすることができる可能性があります。


 より詳しいことにつきましては、一度、任意整理の実務に精通した弁護士にご相談ください。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.