自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 任意整理Q&A
  • 任意整理を弁護士か司法書士のどちらに依頼するかによって、何か違いはあるのでしょうか?

Q.任意整理を弁護士か司法書士のどちらに依頼するかによって、何か違いはあるのでしょうか?

 

 A.任意整理は債務者ご本人で行うこともできますが、弁護士や司法書士などの法律家に依頼をする場合が多いです。

 

 そして、任意整理を依頼することができる専門家としては、弁護士と司法書士がありますが、司法書士は「紛争の目的の価値」が140万円以下の案件しか代理できないことが、法律上決められています。それ以上の金額の案件を司法書士が代理することは違法とされています。

 

 したがって、任意整理に関していえば、借金の額が140万円以上の場合には、司法書士が代理することはできず、弁護士に依頼される必要があります。仮にこのような場合に司法書士に任意整理を依頼して和解に至ったとしても、後にその和解が無効になってしまう恐れがあります。

 

 また、利息制限法の上限金利を超える利率での取引があったケースでは、任意整理を行って実際の借金の額を調べたところ、実際の借金が既になくなって過払い金が生じていることが分かることもあります。

 そのようなケースでは、当初の借金の額が140万円未満の場合でも、過払い金の額が140万円を超えているというケースが考えられます。そのような場合、過払い金の返還を貸金業者等に請求することになれば、「紛争の目的の価値」が140万円を超えていることになりますので、借金の額が140万円未満であっても、司法書士の代理権はありません。したがって、弁護士にご依頼される必要があります。

 

 以上のように、司法書士に依頼した場合には、借金や過払い金の額によっては、司法書士の代理権がないために問題が生じる可能性もありますが、弁護士にご依頼されればそのような制限はありません。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.