自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 過払い金Q&A
  • 完済した債務について、過去に支払いを遅滞したことがあるのですが、その場合でも過払い金が発生しますか?

完済した債務について、過去に支払を遅滞したことがあるのですが、その場合でも過払い金が発生しますか?

 
 過去に支払いを遅滞したことがあっても過払い金が発生する可能性があります。
 
 過払い金とは、借り主が利息制限法所定の上限利率を超えて支払っていたお金のことをいいます。
 
 
 この点、貸金業者と借入・返済を繰り返している中で、返済を遅滞することがあり得ます。そして、通常、貸金業者との契約には、借り主が支払を遅滞した場合に、遅延損害金利率で一括して返済を求めることができる旨の約定があります(期限の利益喪失約款といいます)。
 
 
 それゆえ、一部の貸金業者は、過払い金を計算するにあたって、支払を遅滞して以降は、遅延損害金利率によって計算するべきであると主張し、過払い金が発生していないと主張してきたり、過払い金の大幅な減額を求めてくることがあります。
 
 
 たしかに、そのような主張の一部ないし全部が裁判において認められる場合もあり得ます。
 
 
 しかし、多くの貸金業者は、借り主が支払を遅滞した後も、遅延損害金利率ではなく、通常の約定利率で利息を受領し続けていることがあり、また、支払を遅滞して以降、残元金及び遅延損害金の一括請求していないことがあります。このような場合には、現在の実務上、支払いを遅滞し、期限の利益を一度は喪失していたとしても、貸金業者が期限の利益を再度付与した、または、期限の利益喪失を宥恕した、貸金業者が期限の利益喪失を主張することは信義則に反すると、裁判所が判断することがあり得ます。
 
 
 そのように判断された場合には、利息制限法所定の上限利率を守っていなかった契約期間について、遅延損害金利率ではなく、利息制限法所定の上限利率に従って過払い金の計算をすることになるので、過払い金が発生している可能性がより高くなります。
 
 
 いずれにしましても、上記のとおり、過去に支払いを遅滞し、期限の利益を喪失しているような場合にも、過払い金が発生する可能性があるのです。
 
 
 より詳しいことにつきましては、一度、過払い金返還請求の実務に精通した弁護士にご相談ください。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の弁護士法人山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.