自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎 債務整理・自己破産相談

無料相談のご予約はこちら 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 過払い金
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • HOME
  • 過払い金Q&A
  • クレジットカードでキャッシングをしていたのですが、過払いになっている可能性はあるのでしょうか?

Q.クレジットカードでキャッシングをしていたのですが、過払いになっている可能性はあるのでしょうか?

 

A.クレジットカードによるキャッシングをされていた場合、利率によっては過払いの状態になっている可能性があります。

 

 過払い金返還請求というと、サラ金等の貸金業者からの借り入れの場合に問題になるものだというイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。

 

 しかし、信販会社からのキャッシングであっても、高い利息で貸し付けがされている場合には過払いになっている可能性があります。

 

 過払い金返還請求は、利息制限法を超える利率で金銭の貸し借り等の取引が行われていた場合に、本来支払う義務のあった分を超えて債権者に対して支払った金額の返還を求めるという手続きです。したがって、利息制限法が定める上限を超える利率での取引があったことが必要になります。

 

 この点、利息制限法が定める上限の利率で取引をしていたことがある会社は、貸金業者に限られません。信販会社によるクレジットカードの取引でも、キャッシング取引については、利息制限法の上限を超える利率で取引がされていたことが、かつて多くありました。

 

 したがって、クレジットカードによる取引であっても、過払いの状態になっている可能性がありますし、その場合過払い金返還請求を行うことができます。

 

 手続きの流れに関しても、貸金業者に対して過払い金返還請求を行う場合に比べて、特に違いはありません。まず取引履歴を取り寄せ、その記録に基づいて引き直し計算を行うことで過払い金額を算出して、その金額の返還を相手方に請求していくことになります。

 

 一方、信販会社との取引のうち、ショッピングの取引では、利息制限法の制限内の利率で行われていることから、過払い金が発生することはありません。


 

初回相談無料! 予約専用ダイヤル 0120-783-981

借金問題でお悩みの方は以下のメニューをご覧下さい

■借金無料相談 解決までの流れ 料金表 借金問題Q&A
解決事例 お客様の声 スタッフ紹介 アクセスマップ



アクセスマップ

群馬の弁護士法人山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。
Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.